徹底した独自の方法論で、小学4年生までに高校生までの算数・数学を学び、超難関校合格を! 中学生は1学期間に中学3年分、高校生は1年間で高校3年分の学習が可能!

お知らせ

2016年度算数オリンピックで、弊塾塾生が
金メダル・銀メダル・銅メダルを受賞いたしました!

2016年度 夏期講習会のお知らせ


「夏を制する者は1年をも制す」「夏が天王山」、この言葉は私が受験生である頃から語られている言葉ですが、現在においても色褪せる事無く明白な真実を言い表しております。 この夏期講習会を最大限に利用して、夏にグーンと実力を伸ばしましょう!
今年の夏休みのキーワードは「挑戦」です。
挑戦には大きく3 つの側面があります。

1.未知の世界への挑戦

時間に余裕のある夏休みです。 この機会に新しいことに挑戦しましょう。 例えば、幼稚園生や小学生が計算ではない算数に、数学に挑戦していない生徒は算数とは似て非なる数学に、同じく読書とは似て非なる国語の読解に、中学生はさらに進んだ高校数学に、高木塾の無学年制授業のメリットを活かし、学びたい時に学びたい事に挑戦をしてください。また英語や理科社会に新しくチャレンジをしてみるのも良いでしょう。 高木塾ならではの、理解をして何度も早いサイクルを繰り返すことで、今まで知らなかった新しい世界が広がります。論理的思考力を磨き、学びのコツとワザを身につけることにより、実力を養成しながら先へ先へと挑戦をしましょう。そのことの積み重ねにより、幼稚園生~小学低学年生がオリンピックの問題を、小学校高学年~中学生が東大の入試問題を理解して解くことも可能なのです。

2. 未来のために再挑戦

これまで勉強はしてきたけれども未だ理解が足りないと思う生徒にとって、夏休みは学習を立て直すいい機会です。 わからないままに、もやもやを残したままにせずに、あきらめることなく未来に向けて再挑戦をしましょう。新しいことに取り組むのはワクワクしますし、言わずと知れて大切なことですが、一度あきらめかけたものに屈せず再挑戦し、最初から学習しなおして今度こそ理解することは、それに負けず劣らず素晴らしいことです。 「比の特訓」では算数の中核をなす比の再確認を行い他の分野への比の応用力を身につけましょう。 また中学数学では初歩から数学全体を見直したり、国語では感覚や感性に頼らない(言い換えれば読書力ではない)論理的な読解力を身につけましょう。

3. 自分への挑戦

学習は中学入試や高校入試や大学入試で終わりではありません。 生涯にわたって学び続けて自分を高め続けることは、人生の目的の一つです。怠けたい心や遊びたい心が沸き起こったときに、自らを律して学習を続ける能力を養うことは、子供のころから身につけるべき生活態度もしくは思考原理であるといえます。 言うまでもありませんが、受験生は入試に向けて論理的思考力を鍛えながら、勝ち抜くために鍛錬をしなければなりません。高木塾の夏期講習会を通して、楽しいだけで終わらない、己に負けない充実した夏を送ってください。

自習室を毎日開放、講師に直接質問しよう 今年は新校舎への移転に伴い、合計4教室となったことで、毎日自習室を開放いたします。 夏期講習期間中には、講習受講生は自習室を利用することができ、その時に自習室を担当している高木塾の講師に夏期講習会で生じた疑問点を質問し、解消してください。 暑い夏は授業の無い日でも高木塾へ来て、個性的で学問に秀でた講師と触れ合って、学問の楽しみと学問に向かう態度を吸収してください。
また、普段は忙しくて通えない通常の授業にも夏期講習会の期間のみの限定参加ができます。 受講を希望される方はメールにてお知らせください。

<夏期講習会のお申込み>
夏期講習会の申し込みは先着順で各クラスの定員ごとに締め切ります。
下記の「夏期講習会のお知らせ」「夏期講習会スケジュール」「夏期講習会スケジュール」をご覧いただき、「夏期講習会申込書」をご記入のうえ、講師に手渡しか、FAXにてお申し込みください。

FAX番号 03-6674-1754

・2016年度 夏期講習会のお知らせ
・2016年度 夏期講習会 スケジュール表
・2016年度 夏期講習会 受講申込書

<お問い合わせ>
■事務手続きに関するお問い合わせ先
高木塾事務センター
TEL.070-5453-7406

■受講や教育相談に関するお問い合わせ先
高木塾
TEL.03-6280-7212


体験入学 随時受付中 高木塾では、いつでも実際に行われている授業を体験していただくことができます。

在校生へのお知らせ