教科別指導法

理科社会

理科も社会も中学入試と高校入試においては暗記が必須とはいえ、ただ覚えても入試には役立ちません。
そこには必ず、問題演習とその背景にある事柄を覚えるためのエピソード記憶が重要です。
ストーリー性をもった知識の習得により、要求されていることに正確に答える能力を獲得していきます。

準備レベル

対象学年目安:年長から小2

(毎年12月~1月ごろ開講)


論理的思考力を養いながら算数を解いていく面白さと文章読み解く国語、世の中を理解する理科社会それぞれの楽しさを学ぶ。

4科の合併クラスです。

レベル1

対象学年目安:小2から小3

水曜日 16:15~18:15 講師:神谷・齋藤


理科社会を学問として初めて学ぶ生徒を対象に、身のまわりの様々な現象や人間活動のとらえ方・考え方を養います。雲がうかび飛行機が飛ぶ青い空を眺めたときにどう考えるか。旅行で文化遺産を訪ねたり名産品を食べたときにどう考えるか。受験クラスではそれらを体系的に学びますが、このクラスでは1つ1つの具体例を掘り下げて理科社会の要点を学習していきます。
テキストは小学3~4年生向けのものを使用します。本格的に受験知識を学ぶ前に、理科社会の根幹をなす思考を身につけましょう。

レベル2

対象学年目安:小4から小5

日曜日 17:00~20:00 講師:神谷・清野


中学受験の全範囲の内容を解説していきます。本格的な入試対策に向け、各分野の本質的な内容と分野間の関連を正しく理解することを目指します。
テキストは小学5~6年生向けの中学受験用のものを使用します。テキストの本筋が理解できれば、その後の暗記や記述問題への取り組みがスムーズに進みます。

レベル3

対象学年目安:小5から中3

火曜日 17:30~20:30 講師:神谷


理科社会全体を一度さらった生徒を対象に、中学・高校入試問題を通して知識の定着を確認していきます。復習用の問題集を指示するほか、講師作成の予習プリントを使用します。
中学受験と高校受験の学習範囲は概ね重複しており、相互のちがいや関連を授業内で解説することでより深い理解を実現します。高校受験のみの単元(世界地理・メンデルの法則など)については、中学受験までの単元と関わりが深い内容は授業内で、それ以外で必要な内容は別途季節講習などで対策を実施します。




  • 入塾案内
  • 講座一覧へ戻る

閉じる