高木塾の理科社会

理科社会を学ぶとは?

小学生の子供たちにとっての理科社会は、世の中の見方を変え、まだ見ぬ未来へ夢を描き、夢を現実に変えるための科目です。将来の自分・世界がどのような姿になっているかを自由に考えることのできる子供たちだからこそ、理科社会を学ぶ意義はとても大きいです。

  • 理科の学習

    理科とは、自然現象を再現するルールをつくる・たしかめる・活用する科目です。

    ・身近な事柄から、世の中をつくる不思議なルール(因果のつながり)を理解する
    ・万人がルールの正しさを理解できる実験・観察を行う
    ・ルールを基に世の中を再解釈し、未来を予測する
    ・ルールをうまく活用し、人間の暮らしを良くする

  • 社会の学習

    社会科とは、人々が行動する原理と、行動の結果つくられた物事を学ぶ科目です。

    ・自然がつくった地形や気候に人間が適応してきた過程を理解する
    ・人々がバラバラにならないために必要な共通ルールやつながりの形を考える
    ・これらの考え方から過去の社会背景を正確に描き、歴史の出来事の因果を考える
    ・歴史や社会の考え方を基に、今直面している社会問題の構造を分析する

  • 高木塾の理科社会

    世界の見え方が変わる指導で、受験に必要な思考力や未来を見通す力をつけます。

    ・身のまわりから、理科や社会を学ぶきっかけを拾いつくす
    ×子どもに専門書や図鑑を与えて放置→物事の姿を正しく捉える力はつかない
    ×論理的思考なき単語の暗記→難関校の問題に太刀打ちできない
    ・早くから正しい考え方を楽しく身に着ける→最小限の努力で知識の定着を実現

「好きだから学ぶ」ためのきっかけ作り

理科社会は、世の中についての非常に身近で面白い科目です。高木塾では、学校で理科社会を学び始める小学3年生のうちからその面白さを最大限に伝える指導を展開します。

「~に興味や疑問を持つ」とはどういうことなのかをきちんと説明できる人は世の中でどれくらいいるでしょうか。「興味を持ちなさい」という言葉で興味を持ち始める子供は一人もいません。理科社会を知らない子供に対して、興味を持つきっかけを与えるのは、周りの大人や教育者の役割です。

しかし、「読書をしなさい」という声かけを行って、生き物の本や歴史の本を与えたところで、子供が何の感想も抱けなくても仕方がありません。人間以外の生き物や、歴史上の人物などというのは、子供にとっては自分とは全く無関係の存在です。なぜそれらを学ぶのかがわからないと、興味を持たないのは当然と言えます。

受験に至っては、「まずはこれを覚えよう」という言葉から学習が始まってしまうと、単語の穴埋めのような問題は解けるものの、その単語を使って説明される理科社会の本質から目をつむってしまう結果となります。最難関校ほど本質を突いた良問が出題されやすいのですが、理科社会を本質から学べていない子供が解けるようなものではありません。

世の中を論理的に正しく把握するためにも、将来の夢を形成する上でも、最難関校の入試に立ち向かうためにも、学び始めのきっかけ作りが極めて大事です。理科社会が楽しいと思うからこそ、本や図鑑にも自ら手が伸びるし、受験のための知識も難なく定着させていくことができます。

受験のための正しい記憶術とは?

広い分野について学ぶ理科社会について「どのようにして覚えればよいか?」を考える前に、「覚えている状態とは何か?」を理解する必要があります。理科社会における「覚えている」とは、「正しい単語を使って正しく論理(因果関係)を語れること」です。

正しく語るとは、高木塾の授業で習ったとおりに話すことを意味します。事実を並べただけのテキストの文をなぞったところで、論理が無ければ正しく語れません。高木塾の授業では、あらゆる分野を因果関係で説明するので、記憶が楽に正しく定着します。

受験に向けて自分専用のノートにまとめる子供がいたとして、「ただテキストや板書を丸写しする」のと「自分がわかりやすい・理解したいと思う順序で再整理する」のとでは効果が全く異なります。単語帳を活用する生徒がいたとして、「単語にしか目がいかない」のと「単語がどう使われるか・出題されるかを考えながら読む」のとでは効果が全く異なります。

「正しく記憶する」ために「手段をいろいろ試す」ことが正しい記憶学習です。正しく記憶できているか(=記憶する手段が効果的かどうか)は定期的にチェックする必要があります。漢字の正誤とともにチェックすべきは、高木塾の先生と同じように「正しく語れるかどうか」です。

季節講習会の理科社会

高木塾では、春期・夏期・冬期にそれぞれ季節講習会を実施しています。例年、理科社会のクラスは人気を博しており、幅広い学年の生徒たちが短期間で理科社会の楽しさを習得しています。講習会のたびにテーマは異なります。以下は、いずれも人気を博した講習会クラスの実施例です。


理科の夏期講習 実施例
・目指せ植物博士! 植物の戦略を学ぼう(対象目安:小2~小4)
・神谷式 理科実験・研究教室(対象目安:小2~小5)
・気象・天文パーフェクト講座(対象目安:小4~小6)
・東大入試から学ぶ化学の極意(対象目安:小4~中3)
社会の夏期講習 実施例
・はじめての社会 お金のはなし(対象目安:小2~小4)
・最新の現代社会 中学入試の第一歩(対象目安:小4~小6)
・1から学ぶ公民 法や政治に詳しくなろう(対象目安:小4~中3)
・東大入試から学ぶ歴史の極意(対象目安:小4~中3)

課外学習ツアー

博物館や大学の学術展示は、学習への意欲を高める上でとても有効的な存在です。高木塾では、学校や塾の授業がない日に合わせて、課外学習ツアーを敢行しています。学校や高木塾では得られない実体験に、学びを愛する講師による解説を加えることで、生徒の学習意欲を高める効果を最大限まで引き伸ばします。

東京大学 五月祭のようす

課外学習ツアー これまでの実施回
・国立科学博物館ツアー・・・上野にある、日本を代表する歴史ある博物館です。すべてを巡ろうとすると1日はかかるほどの展示エリアの中から生徒が最も楽しめるコースを厳選し、3時間のツアーで講師が解説をしながら回ります。
・科学技術館ツアー・・・日本武道館の近くにある、産業技術などをテーマに企業が協力して展示を行う博物館です。案内する講師が、館内に用意された解説以上の話を繰り広げます。見て触れて楽しいさまざまな展示物について、その技術がどのように優れているか、身のまわりのどのような産業で生かされているかを知ると、世界の見え方ががらっと変わります。
・日本科学未来館ツアー・・・江東区の人工島にある博物館です。地球や宇宙についての目を見張るような展示があるほか、未来を創る技術を芸術と融合したようなユニークな展示も豊富です。2023年の特別展では、未来の月の開発について展示の見どころや開発の肝となる理論や課題を講師が解説しました。
・東京大学 五月祭ツアー・・・東京大学本郷キャンパスで毎年10万人以上を動員する学園祭にて、例年ツアーを敢行しています(写真は五月祭ツアーのもの)。普段は研究者どうしで議論される難解な最先端の学術テーマについて、こどもたちでも楽しめるように企画された貴重なイベントです。現役の東大生に対して気軽に質問をする機会でもあり、毎年多くの生徒が「東大に行きたくなった!」という感動とやる気を持ち帰ります。

クラス紹介

国理社入門クラス

対象目安:小3から小4

小3~小4の生徒が主な対象です。国語では、物語文・説明文の読解を通じて論理的思考力を養うことを目標とします。また、中学入試に向けた基礎知識や答案作成力を養います。理科では、物事を「だから」や「つまり」という言葉で正しく解釈・考察できる力を養います(実験・観察を含みます)。社会では、日本という国や地域ごとの特徴から、社会の仕組みや生まれた文化を論理的に理解することを目指します。

小学理科社会クラス

対象目安:小5から小6

中学受験に必要な全範囲を扱います(講習会含む、理科は実験・観察を含みます)。補助資料やオリジナル暗記プリントなどを駆使し、どの単元についても漏れなく楽しめる授業、難関校の問題を難なく解けることを目指した授業を行います。入試に活きる正しい暗記指導を実施し、入試問題解説を通して、生徒自ら記述や口頭による単元のポイント説明ができるようになることを目指します。
理科の特色は、正しい理論に即した完全オリジナルの指導(つぶで考える温度・気象・化学反応、因果関係を考える生物の進化やからだの特徴、すべり台で考える電気回路、理屈で徹底攻略する天文学など)と、講師の過去問研究に裏付けられた豊富な事例解説です。
社会は、地理・歴史・公民の3分野をすべて扱い、その特色は、徹底した理由付け・入試でテーマとされる現代社会問題との関連付けと、博識な講師による豊富な周辺知識解説です。

中学理科社会クラス

対象目安:中1から中3

高校受験に必要な全範囲の知識の習得と国公立高校入試問題演習を行います(講習会含む、理科は実験・観察を含みます)。理科では、高校レベルの理論・知識を取り入れながら、数学を用いた理屈に基づく考え方によって世の中を解説します。社会では、小学生レベルまでで日本を土台に考えてきた論理を、世界地理・世界史・経済活動などへとより抽象的に展開させます。