高校受験・大学受験向けの指導【中学生~高校生】

高校受験までの対策はあっという間です

中学受験で12歳の子供たちが小学校6年分もの内容からなる入試問題に挑むのに対し、高校受験では15歳の子供たちが中学校3年分だけの内容からなる入試問題に挑みます。子供の成長と内容を合わせて考えると、高校受験に向けた対策はあっという間です。

照準を高校受験に合わせれば、小学生でもすぐに数学を学べるのが高木塾の強みです。数学2クラスまでで中学3年分の学習を終了し、数学3クラスまで進めば最難関高校入試の対策まで完了します。

中学国語クラスで古典・現代文の読解論理を習得し、中学理科社会クラスで3年分の論理を一気に学べば、1年だけで公立高校入試の対策は完了です。

正しい数学を正しい論理で楽しく学ぶ

ただ小学生でも数学が学べるからという理由で高木塾の数学クラスが評価されているわけではありません。

高木塾の数学クラスが評価を受ける理由の一つは、市販の多くのテキストに見られる正しくない数学・柔軟な論理性の欠如した解法を反面教師とし、小学生でも分かる論理とエレガントな解法を講師が楽しく指導できるからです。

算数・中学数学から高校数学・東大入試までを通してつながる論理的思考力を生徒が学ぶのはいとも簡単ですが、それらを完全に理解して指導することができる講師は一握りしかいません。

どんどん学んでいこうという意欲にあふれる小学生の中には、高木塾での学習によって東大理系入試の問題を小学4年生にして分かるようになる子もいます。ここまでくれば、数学検定や算数オリンピックなどでも容易に結果を残すことができます。

大学受験は学校の進度に合わせてはいけない

中高一貫校(小中高一貫校)に通う小・中学生は、大学受験に向けていち早く数学の学習を始めましょう。高校受験を終えたばかりの生徒も、なるべく早く高校数学を一通り学び終え、残りの十分な時間を大学入試問題を理解することに費やすべきです。

また、高校数学で微分方程式の基礎を学べば、物理・化学・生物・地学の本質的な理解が可能です。難関大突破に向けて、微分学積分学をベースとした科学の論理的思考は必ず身に着けておくべきです。

クラス紹介

数学レベル2

対象目安:数学1修了レベル(小5から中3)

数学1を受講した小学生及び初めて本格的に数学を学ぶ中3までを対象とし、中1~中3の中学数学の全範囲を学びます。
数学1で学習した分野の復習から始めて、特に中3分野である平方根、3平方の定理、2次方程式、解と係数の関係、2次関数、円、立体図形を意欲的に学び、上位高校の入試問題の理解を目的とするクラスです。

数学レベル3

対象目安:中学数学修了レベル(中1から中3、高1)

一通り中学数学全般を学んだ小学生(数学2既習者)及び意欲的な中学生から高1までを対象とし、2次方程式および2次関数の復習から始めて、3角関数、微分学積分学、3次関数4次関数、数列(数学的帰納法、漸化式)を中心とした高校数学ⅠAとⅡBの基礎理論を学びながら、灘高、筑駒高、開成高などの最難関高校入試問題、そして上位の大学入試問題までの理解を目的とするクラスです。

数学レベル4

対象目安:高校数学IA修了レベル(中3から高3)

一通り高校数学ⅠAを学んだ中学生(数学3クラス既習者)及び意欲的な高1から高3までを対象とし、高校数学ⅡBとⅢの基礎理論全般を学びながら東大(文科系)の過去問を中心に、早大慶応大(理科系)、私大医学部の過去問までの理解を目的とするクラスです。

数学最難関レベル

対象目安:数学4クラス修了レベル(高1から高3)

高木塾の誇る最高難度の数学クラス。
数学4の既習者及び意欲的な高1から高3、既卒者を対象とし、高校数学ⅠAからⅢまでの全てを深く学びます。
最高峰であり難問揃いでもある東大(理科系)の過去問を中心に、京大、東京医科歯科大学、東工大、一橋大、国公立大医学部の過去問までの理解を目的とするクラスです。

中学国語クラス

対象目安:中1から中3

高校入試に必要な知識の習得と定着、国公立高校入試問題演習を行います。
現代文、古典の読解に必要となる論理や知識はもちろん、その背景にある知識まで掘り下げた解説により、高校以降でも役に立つ思考力と知識を身につけることができます。
授業の流れは、形式別の現代文の演習解説(問題集や過去問)、古典の演習解説(テキスト、プリント)、テーマ別現代文の解説(著書、プリント)となっています。

中学理科社会クラス

対象目安:中1から中3

高校受験に必要な全範囲の知識の習得と国公立高校入試問題演習を行います(講習会含む、理科は実験・観察を含みます)。理科では、高校レベルの理論・知識を取り入れながら、数学を用いた理屈に基づく考え方によって世の中を解説します。社会では、小学生レベルまでで日本を土台に考えてきた論理を、世界地理・世界史・経済活動などへとより抽象的に展開させます。

  • 入塾案内
  • 講座一覧へ戻る